APIS(最新型ビタミンC誘導体)の効果とおすすめの化粧水や美容液を紹介

ビタミンC誘導体ならAPISがおすすめ

APIS

最近ビタミンC誘導体の中でも注目されているAPISをご存知ですか?


APISは一般的に採用されている水溶性ビタミンC誘導体の弱点であった刺激の強さや浸透力の低さを改善するために作られた最新型のビタミンCです。


そのため、ビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液を使ってみようと思っている方にはぴったりだと思います。


では、APISの魅力や一般的なビタミンC誘導体との違い、さらにはおすすめのコスメなどについて詳しく解説していきましょう。


効果などについては知っているからすぐにコスメの情報を知りたいという方はおすすめの化粧水や美容液を参考にしてみて下さい。



ビタミンC誘導体の種類とAPIS

種類

APISの特徴や効果を知るためには、まずはベースであるビタミンC誘導体のの種類についての知識と、APISがどのような位置づけにあるのかを理解していきましょう。


ビタミンC誘導体の種類

まずビタミンC誘導体というのは大まかに分けて3つの種類があります。


どのようなものかというと


  1. 水溶性
  2. 油溶性
  3. 両性

と呼ばれるものです。それそれの特徴について少し詳しく説明していきましょう。


水溶性ビタミンC誘導体

水溶性

水溶性というのはその名の通り「水に溶ける」タイプのものです。


知らない方のために一応説明しておくと、ビタミンC「誘導体」というのは基本的な性質はビタミンCと同じなのですが、ビタミンCはもともと壊れやすく肌に浸透しにくいという欠点があるため、肌に浸透できるように改良し、さらに肌に浸透してからビタミンCとしての効果を発揮できるようにしたものです。


この誘導体を水に溶けるようにして、化粧水などの水をベースとした化粧水に配合できるようにしたものが水溶性ビタミンC誘導体です。


一般的に安価なコスメに配合されているビタミンC誘導体といえば、特に断りがない限りこの水溶性のものを指していると思ってください。


多くの化粧品に採用されいてコスパがよく即効性のある点が長所なのですが、浸透力が低いことと多少刺激を感じることがあるため乾燥肌や敏感肌の方にはあまり向いていないという欠点があります。


油溶性ビタミンC誘導体

油溶性

こちらも字の通りで「油に溶ける」タイプのビタミンCです。


油分に溶けることから、化粧水ではなくクリームのようなベタっとしたものに配合されています。


特徴としては水溶性のものに比べて角質層への浸透力が高く、刺激が少ないというメリットがあります。


肌は一般的に水分は通しませんが油分は通しやすいという性質があるので油溶性のものの方が浸透しやすくなるのです。


ただ、ニキビのような皮脂トラブルには向いていなかったり、ベタつくようなテクスチャが苦手という方には慣れない使用感のために敬遠されがちです。

両性ビタミンC誘導体(APPS)

両性

そして最後に両性タイプですが、これは水溶性と油溶性の両方の性質を持つ、つまり水にも油にも解ける性質があるビタミンC誘導体です。


一般的にはAPPS(アプレシエ)と言われていて、水溶性のもつ即効性と油溶性の持つ浸透力の高さと刺激の少なさという2つの特徴をいいとこどりした性質を持っています。


そのため、敏感肌や乾燥肌の方でも使えるし、化粧水のような使い心地のよいコスメとも相性がいいため、人気の化粧品などにも採用されるようになっています。


APPSとAPISの違い

違い

ビタミンC誘導体の3つの種類、水溶性、油溶性、両性(APPS)についての説明が長くなってしまいましたが、主役であるAPISというのはAPPSの仲間で両性タイプに属します。


簡単に言うとAPPSの欠点を改良して進化させたものがAPISだと思ってもらえればいでしょう。


先ほどの両性ビタミンC誘導体のところでは触れませんでしたが、APPSは水溶性と油溶性のいいとこ取りをしているのですが、その代わりに安定性の低さが欠点という特徴があります。


安定性というのは簡単にいうと壊れにくさのことで、APPSは高い効果が期待できるけど壊れやすい(ビタミンCが酸素と結びついて効果を発揮しなくなる)ために、使用前に粉末のAPPSを化粧水に混ぜてできるだけ早く使うといった方法がとられてきました。


そのような不安定さを改善して安定させ、さらにもともと高い浸透力を持つAPPSのさらに上をいく浸透力を持たせたものがAPISなのです。


このようにAPISはビタミンC誘導値の3つの種類の特徴の良いところを取ったような優れた性質を持っているのです。


APISに期待できる効果と合う肌質

APISはビタミンC誘導体の中でも優れた特徴を持つことは理解していただけたと思いますが、具体的に


  • どのような効果が期待できるのか
  • どんな肌質に合うのか

についても知っておくことで、使い始めてから使用感に満足できなかったり、肌に合わないといったことがないようにしましょう。


期待できる効果

効果

最初の方でも言った通り、基本的な効果としてはビタミンCの持つ効果と同じです。


具体的に挙げると


  • 抗酸化作用
  • 皮脂の抑制や毛穴の引き締め
  • メラニン色素の抑制
  • コラーゲン生成補助

といったものです。


簡単に言うと、毛穴の開きが気になる方、または過剰な皮脂によってニキビができたり、皮脂の酸化によって炎症や肌荒れを起こしやすい方、シミや色素沈着に悩んでいる方、さらにはハリがなくなってきたと感じる方にぴったりだと思います。


意外かもしれませんが、ビタミンCにはこれだけ幅広い働きをすることができるのです。


そのため、APISはニキビや毛穴などのトラブルからエイジングケアまで、様々な肌の悩みのサポートをしてくれるのです。


おすすめの肌質

肌質

ビタミンC誘導体は先ほど説明したような幅広い効果が期待できるにも関わらず、刺激を感じやすかったり乾燥しやすかったりするデメリットがあったので、肌に合わないという方も結構いたのではないかと思います。


実際に私も水溶性ビタミンC誘導体の高濃度タイプの化粧水を使用した時には、すぐに肌がつっぱったりして合わなかったことがありました。


でも、APISは油溶性の特徴も兼ね備えているため、刺激や乾燥を感じることはありませんでした


だから、皮脂を抑える効果のあることから脂性肌の方はもちろん、ひどい敏感肌や乾燥肌ではない限り、今まで水溶性のものが肌に合わなかった方でもAPISであれば試してみる価値はあると思います。


ただ、本使用前に必ずパッチテストを行うようにしましょう。

APISを配合したおすすめの化粧水や美容液

コスメ

APISに期待できる具体的な効果について理解して頂いたところで、


じゃあ、APISを配合した化粧水や美容液ってあんまり聞かないけどどれがおすすめなの?と思いますよね。


APISは一部のメーカーが作っているようなので、あまり広く出回っていないのが現実なのですが、効果を考えると非常なので配合されている化粧品も大変評価が高くなっています。


主にネット通販で評判のAPIS配合コスメといえば


  • シーボディVCシリーズ
  • グラングレースローション

でしょう。


それぞれAPISを配合しているので、皮脂ニキビ、毛穴やハリのない肌が気になっている方におすすめですが、一緒に配合されている成分に違いがあるので、棲み分けとしては


  • シーボディVCシリーズ:ニキビやニキビ跡のケア
  • グラングレースローション:エイジングケア

に向いていると思います。


それは、それぞれのコスメについて概要を紹介しますので参考にしてみてください。


シーボディVCシリーズ

VCスターターセット

公式サイトはコチラ


シーボディのVCシリーズは、APISの皮脂抑制や抗酸化といった働きをニキビケアに応用した人気のコスメです。


ネット通販だけでな、三越や東急ハンズなどの有名デパートでも販売されている人気の商品です。


ビタミンCの効果に加えて、ニキビの炎症を抑える効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムや、ニキビの原因である毛穴のつまりを防ぐサリチル酸などを配合して大人ニキビをトータルにケアしてくれます。


APISを配合した化粧水とクリームに加えて、ニキビケア用の洗顔料や美容液までがセットになって、1,800円+税、さらに30日間の返金保証付きなので、ビタミンC系のコスメが肌に合うか心配な方でも安心です。



グラングレースローション

グラングレースローション

加齢によって問題になる4大肌トラブルである「シミ・小じわ・乾燥・毛穴の開き」に重点を置いた化粧水です。


医療機関専売の化粧品を手掛けるメーカーが開発したエイジングケア化粧水で、実際に使った方の95%が満足したというほど評価が高いコスメです。


APISのほか、うるおいに欠かせないセラミドやヒアルロン酸、ピンっとした肌にぴったりのペプチドを配合し、年齢による肌の悩み総合的にアプローチしてくれるでしょう。


決して安くはないですが、年齢肌を感じ始めた方は500以上の皮膚科・美容皮膚科で採用された化粧水の効果を実感してみて下さい。



トップへ戻る