肌荒れしてカピカピになった肌を改善するために必要なこと

カピカピになって肌荒れがひどい

肌荒れやカピカピにした肌に悩んでいる女性は多いと思いますが、どのような対策をしているでしょうか。


ガサガサしてカピカピになった肌は、赤くなったりかゆみがでたり、メイクのノリも悪くなるので本当に悩みの種ですよね。


私もひどいときは風邪をひいているふりをして常にマスクを着けて隠すほど自分の肌質に悩んでいました。


でも多くの場合、肌質だけじゃなく毎日のスキンケアが適切に実施できていないことが原因で症状が悪化しやすくなってしまっているのです。


そのため、正しいケアをするためにも、カピカピしていて肌荒れがひどくなる原因や、必要なスキンケア方法についてわかりやすく解説していきたいと思います。


カピカピになると肌荒れしやすい原因

肌荒れがひどくて、しかもカピカピした肌になってしまう原因はどこにあるのでしょうか?


これは、「乾燥した肌は様々なトラブルを引き起こしやすくなる」ということが主な原因です。


もう少し詳しく言うと


  • 水分を失いやすい肌は刺激に弱くなる
  • 洗顔や化粧品による刺激で肌荒れがさらに悪化

という悪循環にはまってしまっている可能性が高いのです。


この部分は適切なスキンケアをするためにもしっかりと理解しておく必要があるので、もう少し詳しく説明しておきましょう。


水分を失いやすい肌は刺激にも弱い

カピカピと乾燥しやすい上に肌荒れがひどくなるのは、乾燥した肌は刺激に弱い敏感肌でもあるということが原因になっています。


意外と認識していない方が多いのですが、皮膚の内側にある水分が逃げないようにするために、皮膚の表面にある角質層と呼ばれる薄い膜があります。


この角質層の隙間を細胞間脂質という油分が埋めてくれていることで、水分が蒸発しないようになっています。


しかし、加齢や洗顔のやりすぎなどによって細胞間脂質が減少すると、角質層に隙間ができて水分が逃げやすくなるのですが、同時に刺激となるような成分が侵入しやすくなったり、物理的な刺激にも弱くなってしまうのです。


そのため、カピカピになった肌はちょっとした刺激でも肌が異常を起こしやすい環境になってしまうのです。


女性の場合はホルモンバランスの乱れが乾燥やそれによる皮脂の過剰分泌などを引き起こすことがあるので、生理前になると肌荒れが目立つようになるという方が多いのです。


また、室内でも湿度が低い場所ほど肌の水分も蒸発しやすくなるので、冬場の加湿はもちろん夏場であってもエアコンなどの影響で部屋の湿度が下がってしまっていないか注意が必要です。


洗顔や化粧品による刺激で肌荒れがさらに悪化

さらに、乾燥して刺激に弱い肌になると、今までは刺激と感じなかったようなものでも、炎症を起こしたりすることがあります。


先ほども説明したように、本来は角質層によってブロックされるべきものが侵入しやすい状態になってしまっているため、化粧水をつけただけでヒリヒリしたりしみるように感じることがあるのです。


そのため、今までと同じように洗顔をしたり化粧水や美容液で保湿をしたりしているだけなのに、それが刺激となってさらに肌荒れを悪化させてしまうという悪循環に陥ってしまいます。


なかなか乾燥肌や肌荒れが改善しないと感じている方は、ただ保湿をするだけでなく適したスキンケアが必要なのは、この肌荒れの悪循環にはまらないようにするためにとても重要なことなのです。

肌荒れとカピカピを改善するためのスキンケア

肌荒れがひどくてカピカピした肌を改善するためには適切なスキンケアを実施することが大事だと言ってきましたが、具体的にどうしたらいいかわからないという方も多いと思います。


そこで、具体的にどのようなスキンケアをするべきか?できるだけわかりやすく解説しますので、あなたが必要だと感じるところを一部でもいいので日々のスキンケアに取り入れてみて下さいね。


肌荒れを改善するためには、まず乾燥しにくい肌を作ることが大切なので、


  • 肌の新陳代謝をアップ
  • 刺激をしないように意識する
  • 角質層に必要な油分を補給

という3点をポイントに、具体的にやるべきことを解説していきましょう。



肌の新陳代謝をアップ

皮膚はターンオーバーという仕組みによって古い角質が剥がれて新しいものと交換されることで、うるおいを保持したりバリア機能の維持を可能にしています。


でも、過剰なスキンケアや睡眠不足、加齢の影響などによって徐々に肌の新陳代謝は低下して、ターンオーバーのサイクルも遅れるようになっていきます。


そうなると当然皮膚は乾燥したり刺激に敏感になったりして肌荒れが起きやすくなるため、新陳代謝をアップすることがとても大切なのです。


肌の新陳代謝を高めるうえで大事なのは、生活面ではしっかりと睡眠を取ること、そしてスキンケアの面ではゴシゴシと摩擦をするような刺激を避けることが大切です。


かかとや足の裏をイメージするとわかると思いますが、刺激が強く加わる部位は刺激に強くなるために角質が厚くなっていますよね。


これと同じで、不必要に摩擦を与えるような刺激を加えていると、皮膚は角質を残しておくためにターンオーバーを送らせる(新陳代謝を低下させる)のです。


だから、化粧水塗ったりするときもできるだけゴシゴシとこするような刺激は避けるように常に意識するようにしましょう。


刺激をしないように意識する

これは先ほどの内容と少し重なるのですが、刺激をすることは新陳代謝の低下を招くだけでなく、皮膚のうるおいを守っているセラミドの流出を引き起こしてしまいます。


また、乾燥して刺激に敏感になった肌は、メイク落としや洗顔程度の刺激であっても炎症を起こしたりすることがあるので注意が必要です。


いつもと同じようにスキンケアをしているだけなのに肌荒れがひどくなったという場合には、皮膚のバリア機能が低下していることが原因になっている可能性が高いので、今まで行っていた洗い方を見直して、より刺激を抑えるようにすることが大切です。


具体的には肌を長時間摩擦しないようにダブル洗顔不要のクレンジングにして肌への負担を減らしたり、手からの刺激を軽減するために力を入れずに豊富な泡で洗うことを意識したり、朝の洗顔はお湯だけにして洗顔料を使用しないといったことを試してみるといいでしょう。


 参考 >W洗顔不要のクレンジングジェルランキング!敏感肌や乾燥肌にもおすすめ!


角質層に必要な油分を補給

最後に、保湿ケアにおいて意識しておいてほしいことなのですが、乾燥しやすくなった肌は細胞間脂質と呼ばれる角質の隙間を埋めている油分が減少した状態であることは説明しましたね。


この細胞間脂質の主成分は化粧品などにも配合されているセラミドと呼ばれているものなので、敏感肌や乾燥肌の場合には普段のスキンケアで不足したセラミドを補ってあげることが大切なのです。


本来はターンオーバーを改善することでセラミドが豊富な肌を維持することが理想なのですが、生活習慣の改善や適度なスキンケアをしても1日や2日で改善できるものではありません。


そのため、角質層を整えてうるおいを維持ししやすい肌にするためにも、日々のスキンケアにセラミドを配合した化粧水や美容液などのアイテムを使用してみて下さい。


入浴後に保湿をしてもすぐに肌がつっぱったり、化粧水をたっぷり塗っても改善しなかったという経験のある方は、セラミド配合のコスメによるケアでうるおいの違いを実感できると思いますよ!

トップへ戻る